新着情報

衝撃! 王道の遮熱塗料VSアドグリーンコートを比較してみた(動画)

遮熱塗料といえば、
  • ガイナ
  • クールタイト
が有名です。
実際にお客様とお話する中でも、この2つの遮熱塗料の名前をよく耳にしますし、弊社もガイナやクールタイトの施工も過去にしています。
しかし、弊社が声を大にして推奨している「アドグリーンコート」も負けてはいません!
(少し前から取り扱うようになりました)
この記事では、自社で実験した動画をご覧いただき、理屈抜きでどのメーカーの遮熱塗料が優秀なのか。と言うところを結果で見ていただきたいと思います。
その前にまずは、弊社の立ち位置を簡単におさらいしたいと思います。

弊社「守礼ホーム」は施工業者であり塗料の販売メーカーではありません

段落のタイトルの通りですが、私たち守礼ホームは、塗料のメーカーの回し者ではなく、屋根工事を専門とする施工業者です。
そこはお忘れなくw
そのため施工に使う塗料は、極端な話どれを使うことも可能です。
また変な話、言ってしまえばコストパフォーマンスを重視した質の悪い塗料を選んで、効率よく利益を得る。と言う選択だってできてしまいます。
しかし、私たちはそんな事は絶対にしません。
何百種類もある塗料の中には、良いものもあれば悪いものもあると言うことをよく理解している私たちとしては、私たちを信頼して施工を依頼してくださるお客様に対して、私たちが知る限りの最も良いもので施工して、「守礼ホームにお願いして良かった」とお客様に満足していただきたい、と言う強い思いがあります。
(お客様の希望や、予算内で済む様に検討するのが大前提です)
だからこそ、「世間一般で良いとされ広まっているものに対しても、きちんと裏を取った上で本当に良いものを提供する」と言う形をとっています。
そこで私たちは、沖縄県内でもよく使用されている
  • ガイナ
  • クールタイト
の2つと、近年沖縄を中心に注目されているアドグリーンコート」の性能を実際に比較してみることにしました!

実践!ガイナ、クールタイト、アドグリーンコートの3つの遮熱塗料を同時に比較(動画)

弊社で行った自社実験では、住宅の屋根が太陽光の光を受けている状態をイメージした実験セットを作り、光による熱を受けている鉄板の表面温度に、どれだけの違いが出るかを測定しました。
※かなりオリジナル感が出ていますが、私たちは屋根を専門とする施工業者なので、ご了承ください(笑)

結果(約25分間熱を加えた際の表面温度)

  • クールタイト67.8度
  • ガイナ54.7度
  • アドグリーンコート49.8度
瓦屋根、鉄板屋根に限らず、日中太陽の光を永遠と浴び続けている屋根の表面温度はとんでもない暑さになります。
今回の実験から、どの遮熱塗料を屋根に塗るかによって住宅の室内温度が大きく変わってくる事のイメージがついたかと思います。
アドグリーンコートは、国内で唯一JIS認定を受けている遮熱塗料でもあります。
まさに、本物中の本物です!
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら