新着情報

誰でも簡単♪雨漏りの応急処置を屋根職人が教えます!

雨漏りの応急処置と言えば、とりあえず雨水が垂れている所の床にバケツを置く。
と言うのが鉄板ですが、その他に一体何をしたらいいの?とわからない方に向けて、この記事では、屋根職人が教える雨漏りの応急処置の方法をご紹介していきたいと思います。

雨漏りの応急処置に向けて準備しておくもの

まずは、バケツ、雑巾もしくはいらないタオル、新聞紙もしくはレジャーシートを用意します。
まずは室内の雨漏りしているところに、新聞紙もしくはレジャーシートを敷いてその上にバケツを置きます。その下に用意した布を敷いてあげると、なお良いです。
これをすることで雨漏りした雨水が家の床を直接ダメにしてしまうのを防ぐことができます。
これに+ αとして、糸を垂らした釘を天井の1番濡れている部分に突き刺します。
そしてたらした糸の端っこをバケツの中に入れます。
これをすることにより、天井から直接下に雨水が落ちて水が飛び散ったりすることを防ぐことができます。

窓やサッシから雨漏りしてる場合はどうするの?

この場合は、雑巾もしくはタオル、そしてビニールシートがゴミ袋を用意します。
カーテンは早めに取り外すか、雨で濡れてしまわないように上のほうにまとめておきます。
床にビニールシートやゴミ袋を敷いて、水が漏れてきている部分に布を当てて水を吸い取っていきます。
室内の応急処置に関してはこれで大丈夫です。

屋根の上の応急処置の方法

屋根の上の応急処置としては、基本的に雨漏りしてる部分に対してビニールシートをかぶせます。
そうすることで、屋根から雨の侵入を防ぐのが目的です。
用意するものは大きいブルーシート、砂利が入った土嚢袋、テープです。
要は屋根にブルーシートを固定することができれば良いので、状況に応じて紐やロープなどで固定することも効果的です。
ただ、その際はロープと建物が接している部分が傷つかないように、間にちょっとした布を挟むなどして、建物をカバーすることが大切です。

原因箇所がわかっている場合コーキングを使うのもOK

雨漏りの原因箇所がわかっている場合、コーキングを使ってその隙間を埋めるのもありです。
この際、防水コーキング剤、コーキングガン、雑巾、マスキングテープ、プライマー、カッター、など必要なものが増えてくるため少々面倒くささがあります。
まずは雑巾などで原因箇所の周辺のほこりとかをきれいに拭き取りコーキング剤を使う部分の周辺にコーキング剤がはみ出ないようにマスキングテープを貼ります。
それができたら、コーキングを施す前にコーキング剤の吸着力を高めるためにプライマーを塗ります。(プライマーは十分に乾かしてください)
ここまで準備ができたらコーキング剤を塗っていきます。

雨漏りの応急処置の注意点

ここでは雨漏りの応急処置の方法をご紹介しましたが、特に屋根の上の作業は基本的に2人以上で行うようにしてください
普段屋根の上で作業するプロの職人でも、滑りにくい足袋を履いてヘルメットを着用し、命綱を着用して作業します。
そんなプロの職人でも屋根から落ちて怪我をする事故はたまに発生します。
なのでできればその雨漏りの応急処置もプロの屋根業者に任せることをお勧めしたいところですが、どうしてもすぐに自分たちでなんとかしたい。と言う場合は絶対に1人ではやらないようにしてくださいね。
また、記事の中でコーキング剤を活用する方法をご紹介しましたが、コーキング剤は誤って使うと、余計に雨漏りを悪化させる場合もあります。
なので、基本的に屋根の上の事は業者に任せるか、業者に任せるまでの間はブルーシートなどでカバーする方法を私はお勧めします。
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら