新着情報

雨漏りの修理方法を教えて!自分でできる直し方

雨漏りの修理って素人でもできるの?
と言う相談をたまに目にすることがあります。
結論を言うと可能です。
しかし、これは屋根業者だから言っているのではなく、一般の方が自分で雨漏り修理を行うと言うのは大変危険です。
それに、雨漏り修理は、ぶっちゃけてしまうとプロの業者ですらときには苦戦する時があるほど複雑で難しいものなんです。
なので個人的にはあまりオススメはできないのですが、それでもひとまず自分で雨漏り修理の方法を調べてやってみたい。と言う方のために、自分ですぐにできる雨漏り修理の方法についてお話ししていきたいと思います。

直ぐに出来る雨漏り修理方法

それでは早速、初心者の方でもできる応急処置的な雨漏り修理の方法をご紹介します。
  • ブルーシートを使った応急処置
  • 屋根の排水溝の清掃
  • 防水性のあるアルミテープを貼る
  • シリコンで補修する
とてもざっくりですが、一般の方がすぐにできる雨漏りの対策方法としては、こういった内容があります。
雨漏りといっても、どの部分からどのような流れで始まっているのか、雨漏りの原因箇所は本当に1カ所だけなのか、などなど、修理を始める前に考えなければいけないことがたくさんあります。
意外と複雑なため、一つ一つお答えするのは少し難しい部分があります。
そんな中でも、ひとまず屋根にブルーシートをかけたり、屋根の排水溝の部分が詰まっていることが原因であると考えられるのであればそこを掃除したり、シリコンやアルミテープを使ったり、そういったもので応急処置ができる場合もあります。

自分で雨漏り修理をする際の注意点

ここでは、シリコンによるコーキングを使った雨漏り修理方法をご紹介しましたが、この方法に関しては、間違った方向でやってしまうと、余計に雨漏りを悪化させてしまったり、余計に雨漏り工事が複雑になって、いつか雨漏り修理を依頼したときに値段が余計に高くなってしまうケースもあります。
それでは本末転倒なので、仮に自分で雨漏り修理をするなら、そういった危険性などもしっかりと考えた上で判断されることをお勧めします。

いずれは業者に依頼することを考える

もともと雨漏り修理業者であった形であれば別の話かもしれませんが、一般の方が雨漏り修理と言うことで応急処置をするのは分かるのですが、それもあくまで応急処置に過ぎません。
必ずいつか業者に依頼しなければいけない時が来るという事は念頭に入れたほうがよさそうです。
雨漏りを本格的に治す際は、どの部分からどのようにして雨漏りしているのかをチェックするところから始まり、それに合った道具、それに合った工事などを判断し、正しい技術で丁寧に施工していく必要があります。
その辺になってくるとどうしても一般の方には厳しい内容となってくるため、いくらDIY好きな方でも、雨漏りに関してはプロにお任せすることをお勧めします
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら