新着情報

ビルの雨漏り修理方法は?

雨漏りが発生するのは一般住宅やマンションだけではなく、オフィスのビルや商業施設などもその可能性は当然あります。
しかし、一般住宅とビルではまた話が変わってくるので、実際にビルで雨漏りしてしまった際にどうしたら良いのかと気になられている方も少なくないと思います。
実際のところ、一般住宅とビルでは雨漏りの原因や雨漏りの修理方法も若干異なる部分があります。
この記事ではビルが雨漏りしてしまう原因や、修理方法の流れなどもお話ししていきます。

なぜビルが雨漏りするの?

ビルが雨漏りする原因は大きく分けると2つあります。
まずは建物の構造です。
一般住宅の場合は木造が多いですが、ビルの場合はほぼ鉄筋コンクリートですよね。
その場合、経年劣化や施工不良などが主な原因として雨漏りしていきます。
なお、建築事情の背景をお話しすると、納期に間に合わないなどの理由から入念な施工を行わない業者も未だに存在します。
そういったわけのわからない大人の事情の生で施工不良が発生してしまうのですが、その場合外壁から雨漏りすることが多いようです。
次に屋根の形ですが、ビルの場合はいわゆる陸屋根と言う形の屋根が多いです。
例えるならば学校の屋上のような感じで勾配がないタイプの屋根です。
この場合、傾斜のある屋根に比べて水はけが良くないので屋根に水たまりができやすいです。
きちんと防水工事がしてあるところであれば大丈夫ですが、沖縄県では防水塗装がされていない屋根も多く、長年の劣化によって防水が壊れてしまっている場合もあります。
コンクリートがむき出しになっているとそこから雨が吸収され内部に侵入し鉄筋が雨水を吸って爆裂し、屋根にヒビが入ってそこからガンガン雨が侵入してきます。

ビルの雨漏りはどのように修理する?

一般的には、屋根や外壁などのコンクリートに亀裂(クラック)が発生している場合はコーキングで修理していきます。
それ以上に悪化してしまっている場合は屋根業者や外壁のプロなどが防水工事を行います。
雨漏りは一般的に原因を突き止めるのが難しいと言われています。
そのため風呂の雨漏り修理業者ですら完全に雨漏りの原因が究明できない場合もあるんです。
一般住宅の場合でもそうですが、いくらDIY好きな方でもご自身で完結しようとせずに、最初から業者に依頼してみてもらったほうが良いでしょう!
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら