新着情報

コーキング剤で雨漏り修理ってぶっちゃけどうなの?

いざお住まいの住宅が雨漏りしてしまった場合、DIY好きの方であれば特にご自身でコーキングをして雨漏り修理を行いたい。と考える方も少なくないと思います。
物理的には可能です。
そこでこの記事では、コーキング剤を使った雨漏り修理についてお話ししていきたいと思います。

コーキング剤を使った雨漏り修理はどうやるの?

流れとしては、まず最初に雨水の侵入経路を特定します。
コーキングを使う場合は、屋根もしくは外壁等の雨水の入り口を特定し、そこにコーキングを打つ。と言う流れになるため、まずは雨水の侵入箇所を特定することから始めます。
そしてコーキングガン、コーキング剤、ヘラ、マスキングテープなど、その他含めて必要なものを用意し、施行を行います。
実際の作業自体はとてもシンプルです。

コーキングによる雨漏り修理は応急処置にしかならない

物理的にコーキングを使った雨漏り修理は可能ですが、これはあくまでただの応急処置として捉えておきましょう。
というのも、雨漏りと言うのは実はとても複雑なものだからです。
普段から雨漏り修理を行っている業者ですら、必要な道具などを用いても完全に雨漏りの侵入経路を特定することができない場合もあるんですよ。
もちろん雨漏りと言っても様々なパターンがあるため一概には言えません。
それこそ、外壁もしくは屋根のわかりやすい部分に1カ所ちょっとした雨水の侵入経路があるような簡単な場合もあれば、複数カ所の雨水の侵入経路があったり、探しにくいところに雨水の侵入経路があったりと、雨漏りの原因箇所は様々なパターンがあります。
もちろんシンプルな侵入経路であれば、簡単なコーキング補修で済む場合もあります。
しかし、そうでない場合は確実に素人が完全に雨漏りを止める事はできません。
なので、最終的には屋根業者に雨漏り補修をしてもらう可能性がある。ということを念頭に置いた上で自分でできるところをやってみよう
と言う位の気持ちでいる方が良いかと思います。

コーキング剤での雨漏り補修の注意点

また、個人的にご自身で雨漏り補修をすることがあまりお勧めできないもう一つの理由としては、一方間違えると余計に雨漏りを悪化させる可能性があるからです。
安易にコーキング剤を打ってしまうと、かえって雨漏りが悪化するケースがたくさんあります。
そうなると、当然ご自身の手には生えないので雨漏り修理業者が登場するわけですが、コーキング剤を間違って使って現場を悪化させてしまうと、より修理が複雑になり金額が大きくなってしまう場合もあるんです
まさに自分の首を絞めてしまうことになります。
そういった可能性も踏まえた上で、まずは自分でやってみたいと言う方はよく調べたうえで慎重に、かつ安全に作業を行うようにしてくださいね。
そして、ちょっとでも行き詰まりを感じたら潔く業者に依頼することも大切です。
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら