コーワ遮熱フィルム

コーワ遮熱フィルム

太陽

「室内の温度が上昇する原因の約70%は窓から侵入してくる熱」
と言う事実をご存知でしょうか?
そんな窓から侵入してくる熱を抑制するために生まれたのが、ガラス用の遮熱フィルムです。
ここでは、世界で唯一の反射型フィルムと言われている「コーワ遮熱フィルム」という遮熱フィルムの驚きの効果や魅力についてまとめていきたいと思います。

車をお持ちの方、こんな経験ありませんか?

例えば真夏の車の中は、コンビニに寄るためにエンジンを切って数分間離れてしまえば、車に戻った時はあっという間に地獄のような暑さになりますよね。
あれは、そのほとんどが窓ガラスを通して伝わってくる太陽からの熱が原因だったんです。

その為、長時間車を置いておく際は、フロントガラスやサイドに、吸盤でくっつける銀色のカバーを付けて暑さの対策をとる。と言う方もいらっしゃいますよね。

車を運転されている方であれば、おそらくほとんどの方がこういった暑さを経験したことがあるかと思います。

実は、このような現象は、住宅や建物でも同じことが起きているんです。

そして、その窓からの熱の侵入を抑制してくれるのが、窓ガラスに貼る遮熱フィルムです。

遮熱フィルムとは?

貼るだけでクールダウン

遮熱フィルムは、太陽からの熱を遮断してくれる作用を持つフィルムです。

仕組みとしては、プラスチック製品に使われる樹脂をうすーくして膜状にした物で、それ自体が室内を太陽の熱から守ってくれます。
そこからメーカーによって、フィルムの透明度や遮熱作用のレベル、強度などに違いが出てきます。

非常にざっくりですが、遮熱フィルムはこういう仕組みになっています。

一般的な遮熱フィルム

実際に弊社で独自の実験を行い、他社の遮熱フィルムの性能を調べてみました。

実験方法としては、熱源となるライトと温度計の間にフィルムを貼ったガラスを置き、温度計の数字がいくつまで上昇していくか。という実験です。

「フィルムなし」のそのままのガラスの状態の場合、ライトを照らしてから9分後にはおよそ50度まで上昇しました。

他社製品を貼ったガラスでは、9分後にこのような結果になりました↓


A社:43.9度↑

B社:37.2度↑

と言う結果になり、そこそこ熱を遮断してくれる結果となりました。
なので、遮熱フィルム自体は貼ればきちんと意味のあるものである事は確かです。

ただ、遮熱フィルムと言うのは、室内に熱を通さないように、熱をフィルムの中に蓄積しながらガードしていく。と言う仕組みになっています。

そのため、防犯ガラスとして鉄線の入った網入りガラス等の場合、こういったフィルムを貼ってしまうと、フィルム内に蓄積された熱が鉄の網に伝わり、鉄が膨張してガラスが破れてしまう。と言うことが起こってしまいます。

また、透明度がさほど高くないため、景色が重要となるビルや高層マンション、オーシャンビューの建物等にはあまり向いていません。
さらに、車に貼ると車検が通らなくなってしまうと言うデメリットがあります。

使いどころが限られてしまいます。

コーワ遮熱フィルムはどう違うの?
- 効果・作用 -

コーワ遮熱フィルムの場合は、先程の独自の実験結果では

31.1度

なんと、31.1度まで熱を抑えることができた。と言う結果が出ています。

実感結果をおさらいすると、、、
フィルムなし→50.2度
A社→43.9度
B社→37.2度
コーワ遮熱フィルム→31.1度

熱源と温度計の間に各社の遮熱フィルムを貼り、温度の上昇を記録する実験
フィルム無し A社 B社 コーワ遮熱フィルム
3分後 41.3℃ 38.7℃ 31.1℃ 26.1℃
6分後 47.1℃ 40.9℃ 35.4℃ 28.7℃
9分後 50.2℃ 43.9℃ 37.2℃ 31.1℃

A社よりも良い結果となったB社と比べても、コーワ遮熱フィルムは、-6.1℃の差が出てきます。

フィルム無しと比べると、コーワ遮熱フィルムとの差はなんと、、
-19.1℃
これ、シンプルに気温で考えてみると、
気温40度

気温20度
くらいの違いと考えることもできますよね!


先ほどもお伝えしたように、住宅や建物の室内温度上昇の原因の約70%は窓からの熱の侵入です。

「コーワ遮熱フィルムを窓ガラスに貼ることで、室内温度を大きく下げることができる。」
と言うのは多くの方がイメージできたかと思います。

なぜこれほどにも大きな違いがあるの?


基本的に遮熱フィルムはどれも似たようなものばかりなのですが、
なぜコーワ遮熱フィルムだけこれほどにも圧倒的な結果の違いが出るのか不思議です。
その秘密は「反射」にあります。


先ほど私は、
通常の遮熱フィルムと言うのは、フィルム内に太陽からの熱をため込んで、その先の室内に熱が侵入しないようにガードする。
とお伝えしたかと思います。
コーワ遮熱フィルムは、そもそも熱を反射し続けると言う性能もあるんです。


太陽からの熱を反射できてしまうので、フィルム内に熱をため込みすぎる必要もなく、その分室内に熱が伝わりにくい。と言う仕組みになっているんです。
そのため、今までは施行できなかった網入りガラスの窓にも施工することが可能なのです。
他にこれができる本格的なフィルムは聞いたことがありません。

コーワ遮熱フィルムの特徴はこれだけじゃない

先程の段落でお伝えした特徴だけでも充分優れていることが伝わったかと思いますが、コーワ遮熱フィルムの特徴はこれだけではありません。

実はコーワ遮熱フィルムは、

  • 赤外線85%カット
  • 紫外線99%カット
  • 透過率74%
  • 結露を防ぐ
  • 夏は遮熱、冬は保温してくれる
  • 地震や台風時にガラスの飛散を防ぐ
  • 割れにくいので防犯対策にもなる
  • 反射機能のおかげで劣化しにくいので10年近くは健全な状態で長持ちする

こういった特徴があります。

では次に、こういった特徴からどんなメリットがあるのかを見て行きましょう!

コーワ遮熱フィルムはいくらで施工できるの?

1平米あたり円で施工することができます。
住宅や建物によって窓ガラスや枚数も変わってくるので、合計の費用や気になると言う方は、気軽にご連絡ください。

お見積もりは無料でさせていただいております。

また、個人宅、法人の建物でも対応可能です。
「まずは試しに1枚貼ってみたい」という形でも承っております。

まずは気軽に相談・見積もり

  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら