新着情報

台風対策!窓にプチプチってどうなの?

ぷちぷち、、
これの正式名称は「気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)」と言うんだそうです。
名前が小難しいので、ここでは「ぷちぷち」と呼んで話を進めていきたいと思います^^
子供の頃は、使い道もよくわからずにただプチプチとつぶして遊んでいた方も少なくないと思います。
実はこのぷちぷち、ストレス発散で潰す以外にもいろんな使い方があって、窓に貼ることで台風対策はもちろん、室内気温のコントロールにも役立たせることができるんですよ♪
この記事では、台風対策でぷちぷちを使う理由や、使用の際のポイントなどをご紹介していきます。
また、台風対策以外でも具体的にどんなメリットがあるのかについてもまとめていきたいと思います!

強い台風が来る前に窓ガラスにプチプチを貼っておこう!

台風対策で窓にプチプチを貼る最大の理由としては、台風で窓ガラスが激しく揺れて割れた際に、ガラスが部屋中に飛散するのを防止するためです。
台風被害があまりない所に住まれている方はあまりぴんとこないかもしれませんが、特に沖縄などの南の方に住まれている方であればピンと来る方も少なくないと思います。
強い台風が来ると、大きい窓であればあるほど窓ガラスがガタガタと震えてしまい、運が悪いと窓ガラスが割れてしまいます。
もし寝ている間に寝室の窓ガラスがそうなったりしたら最悪ですよね…
本来であれば、ガラス飛散防止フィルムと言うものがあって、それを使うのが有効ではありますが、100円ショップで購入できるお手頃なプチプチでも窓ガラスの飛散を防ぐのは十分に可能です♪
実際に、プチプチを窓ガラスに貼って対策をすると、台風による強風の影響で震えていた窓ガラスがわずかに安定することもあったようです。
そもそも窓ガラスを割らないようにするための対策としても有効ですね♪

台風対策でのプチプチの使い方

「窓にプチプチを貼ると良いのはわかったけど、窓の内側に貼ればいいの?外側に貼ればいいの?」
といったように、具体的な使い方について気になる方もいらっしゃると思います。
窓ガラス飛散防止のためにプチプチを使う場合、窓の内側にプチプチを貼りましょう。
両面テープを使ったり、ガムテープを使ったり、貼り方は自由です。
台風をしのぐ際の短期間であれば、はがしやすいように窓の四角をテープで止める程度でも大丈夫だと思います。
大事なのは、窓全体をしっかり覆い隠して、もしもガラスが割れてしまったときに部屋の中に飛び散らないようにすることです。
台風対策のガラス飛散防止でプチプチを使う場合は、あまり難しく考えずに上記のようなポイントを押さえれば大丈夫です♪

ノリやボンドでべったり貼ってしまうとはがしにくいので要注意

中には、張り切って法やボンドなどを使って全面をしっかりと貼ってしまう方もいらっしゃいますが、剥がす際に後々後悔してしまうので要注意です。
もしもその状態で放置してしまうと、下の動画にあるように剥がすのがめちゃくちゃ面倒臭いので、個人的にはあまりオススメできません。笑

プチプチには室内保温効果もある

実は、窓ガラスの内側にプチプチを貼っておくと、室内保温効果が期待できると言われています。
実際にYouTubeでも関連の動画がいくつかあったので載せておきますね♪

プチプチは他にもこんな使い方、メリットがある

とにかくプチプチは保温効果があるということがわかりました。
それを応用して寝床をさらにポカポカにする方法があります。
それもとてもシンプルで、敷布団の下にプチプチを敷くと言うだけのものです。
実際にこれは私も試しましたが、暑すぎず寒すぎずで、
暖房をつけようか迷う時
布団がもう1枚欲しいと思うような時
などに活躍します。
これがあれば布団を追加する必要もなかったし、暖房をつけずに暖かさを維持できたので節電効果もありました♪
これ結構個人的にもオススメです!
後は、窓ガラスにプチプチを貼っておくことで外から中が見えないようにする効果もあります。
ちょっとダサイかもしれないですが、一人暮らしの女性の方や、見た目はあまり気にしないと言う方はいいかもしれませんね♪
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら