新着情報

屋根塗装の色の選び方で困ってませんか?失敗しない選び方

屋根塗装の色の選び方でお困りではありませんか? もちろん、自分の家の屋根ですから、ご自身のお好きな色を選ばれるのが1番です。 …しかし、、 家の形、外壁の色等のことを考えずにむやみに好きな色を選んでしまい、後悔される方はたくさんいらっしゃいます。 そこでこの記事では、屋根塗装の際の色の選び方として最低限押さえておきたいいくつかのポイントをご紹介していきます。 これからご紹介するそれらのポイントを押さえておけば、ある程度色が絞れてくるかと思います。 その中で、ご自身の好みの色を最終的に決められるのが1番良いかと思います♪ それでは早速見ていきましょう!   外壁の色、サッシの色とのバランスを考える まず第一に考えたいのがここの部分です。 例えばですが、 ブラウンやベージュ系の外壁の色の場合は、ダークブラウンの屋根塗装 淡いブルー系の外壁塗装の場合は、暗めの青、ネイビーの屋根塗装 といったような感じです。 沖縄の場合、白いコンクリート住宅の屋根には、沖縄伝統の赤瓦をイメージした赤い色の屋根塗装をされている家も多いですね。   面積効果と言う目の錯覚現象を活かす 人間の目は錯覚を起こしやすいことで有名ですよね。 実は、同じ色を使っても家の大きさによって色が違って見えることがあるそうです。 例えば、明るい色の場合は、小さい面積で見た場合に比べると、大きい屋根の面積になるとさらに明るい色に見えるそうです。 また、その逆も然りです。 暗い色は屋根の面積が大きくなればなるほどより暗く感じるため、大きな屋根の住宅の場合、「思ってたよりも暗いなぁ」と言うような失敗した気持ちになってしまうこともあります。 このことを知っているだけでも、最終的な色の判断の時にとても役に立つかと思います♪   明るくて鮮やかな色は汚れが目立ちやすい 明るめで鮮やかな色はとても魅力的ですよね。 しかし、屋根は大変汚れが付きやすく、なおかつ掃除をすることがない場所でもありますよね。 そのため、いちど汚れてしまったら永遠とそれを放っておくことにもなりかねません。 また、色褪せてしまいやすいという特徴もあります。 最初はとても綺麗でも、色あせてしまうとやはり少し物足りなさが出てきてしまいます。 こまめなメンテナンスができるのであれば大丈夫ですが、そうでない場合は暗めの色がオススメかと思います。   周囲の環境と合った色を選ぶ 「自分の家の屋根の事なのに周りに合わせるなんて…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、周囲の環境と会っていない色を選んでしまうと、悪い意味で目立ってしまう可能性が非常に高いです。 どうしても強いこだわりがある。と言う内容であればもちろんそれを否定するつもりはありませんが、実際に悪目立ちしてしまって後から後悔してしまった方も少なくありません。   屋根の色選びは絶対にミスしたくない!そんな時は 屋根の色があなたの一生を決める。と言うわけではありませんが、屋根の塗装は頻繁にするものではありませんし、せっかくの自慢の家もミスマッチした色を選んでしまえば台無しですよね… そこで、屋根塗装の際の色の選び方にお困りの方で絶対にミスしたくないと言う方は、以下の方法を取り入れることをお勧めします。 カラーシミュレーションを活用
塗装業者、塗装メーカーのホームページを見ていると、実際に屋根塗装をした際のカラーシミュレーションができます。 もちろんデバイスの種類等によって見え方が多少違ってくるとは思いますが、大まかに色のイメージができるかと思います。 この後試してみたいと言う方は、日本ペイントさんのホームページをご覧になられると良いかと思います^_^ 屋根塗装の業者の方に色のイメージを相談する
業者の方に工事のことを相談すると、ぼったくられそうで心配…。 と言う方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、少なくとも色の相談に関してはそのような心配をする必要はありません。 もしも親切な業者さんであれば、過去の成功事例などを見せてくれたりもします♪ お散歩やドライブの時に他の家の色をチェックする
もちろん色を決める際は、色がたくさん並んだ見本などを見せてもらうことができます。 ですが、これだけで塗装工事が完成したときのイメージを完璧に膨らますのは、かなり難しいものがあります。 なので、近所をお散歩した時やドライブの際などに、自分の家の外壁の色と似た住宅の屋根があればしっかりとチェックしておくことが大切です。 もちろんその時の住宅が正解だと言う事はありません。 そちらのおうちの方も、最終的に後悔してしまっている場合もあります。 あくまで1つの判断基準としてイメージしていくことが大切です。 まとめ 屋根塗装の色の選び方としては様々なポイントがありますが、やはり最終的にはご自身の好みの色を選ばれるのが1番後悔しない選択だと思います。 それを念頭に置いた上で、大きく的を外してしまわないように、この記事でご紹介したようないくつかのポイントを参考程度に考慮されると良いかと思います^_^
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら