新着情報

火災保険で家の修繕が出来る!? 本日も火災保険で170万の工事をお客様の負担なく施工させて頂きました。 T様邸の屋根塗装工事完成です。

火災保険で家の修繕が出来る!?
本日も火災保険で170万の工事をお客様の負担なく施工させて頂きました。
T様邸の屋根塗装工事完成です。
工事内容は雨樋の交換と、屋根の補修、塗装、門の塗装です。
雨樋は新品になり、屋根の塗装は耐久性と遮熱効果に優れたアドグリーンコートで施工致しました。
全て火災保険で直せましたので、喜んで頂けました。
火事の時に使うのが「火災保険」。
というイメージをお持ちの方は多いと思います。
しかし、実際には火災保険で対象になるものは幅広く、補償の内容も様々です。
例えば、火災保険の中の「家財」の特約に入られている場合は、家電や衣類などの、あらゆる家財の損傷に保険が利きます。
3年前に買った扇風機を、うっかり倒して壊してしまった場合も新品の値段が保険でおります。
スマホを落として画面が割れてしまったものも保険で直せます。
また、沖縄でよくあるのは台風での被害です。
沖縄では毎年台風が来ますが、台風によって瓦や、雨樋、アンテナ、カーポート、シャッターなど…
建物に関わるものが損傷した場合は、もちろん火災保険の対象になります。
その他にも、「汚損、破損」という特約に入っている場合は、室内で偶発的に起きてしまった壁や床などの傷が補償の対象になっています。
うっかり、荷物の移動で壁を傷つけてしまった、壁に穴があいてしまったなども保険が利きます。
「水濡れ」の保証がついていれば、台風などにより屋根の一部が壊れ、そこから雨が吹き込み、保険の対象が損害を受けた場合(雨漏りや、雨染みなども含む)は補償されます。
ー火災保険の種類と補償内容ー
このように火災保険は様々な場面で使えることが多いにも関わらず、知られていないのが実状です。
火災保険は、万が一建物で不具合が起きた時に使う保険です。
けして、火事の時だけに使う保険ではありません。
火災保険という名前の「トリック」で、保険対象になっているのに実費で直してしまう方がほとんどですが、せっかく入られている保険なので、正当に使用することで大幅な節約になります。
弊社には、「損害保険登録鑑定人」という資格を持ったスタッフがおります。
普段は保険屋さんの立場から、いかに保険をおろさないかを審査するのが、この資格を持った方の仕事です。
しかし、弊社ではお客様の入られている火災保険の補償内容を正確に把握し、適切かつ正当に保険を申請させて頂いております。
火災保険の相談、調査、必要書類の作成、保険屋さんとのやり取りまで全てサポート致します。
面倒な書類作成や、やり取りなどでお客様にご負担をお掛けすることはございません。
(火災保険が共済保険である場合のみ、お客様から一本電話を入れてもらうことはございます。)
もちろん、お客様自身で手続きすることも可能です。
しかしながら、保険屋さんはなるべく保険をおろさないことが成績に繋がる世界ですので、交渉することは容易ではありません。
「それは保険では難しいかもしれません。」
「これは経年劣化ですね。」
などお決まりの文句で対応されてしまうことがほとんどです。
実際にご自身でやられて保険がおりたこともありますが、弊社の鑑定人が見たところ本当は全額おりたのに…
ということも多々あります。
守礼ホームでは、工事を受注して頂く以上、火災保険の手続きでの手数料は頂いておりません。
もちろん、保険がおりなかった場合も手数料を頂くこともございません。
ご相談だけでも受けさせて頂いておりますので、安心してご連絡ください。
必ず、お客様に喜んで頂けるプランを提示させて頂きます。
守礼ホームでは、お客様にとって本当に役立つ情報のみを厳選してお届け出来るように、全国各地を飛び回り、日々人脈を広め、情報を集めております。
「建設業である前に、人を喜ばせるサービス業」であることをモットーに、これからも精進していきます。
役立つ情報をどしどし発信していきますので、今後ともお付き合いよろしくお願い致します!
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら