新着情報

雨漏りの原因がわからない場合の対処方法と注意点

雨漏りの原因がわからない場合どうしたらいいの?
このような相談をたまに受けることがあります。
雨漏りの原因は、一見わかりやすいように見えて意外と複雑で難しいものなんです。
そのため、地元の大工さんに雨漏りの相談をしたけど、結局わからないまま終わってしまった。
ということもよくあることなんです。
屋根のプロでも難しい雨漏りの原因ですが、その中でもわかりやすい部分についてこの記事ではご紹介していきたいと思います。

その1:屋根の壊れた箇所

屋根のスレートのヒビ、瓦の漆喰が崩れてしまったり、瓦がずれてしまったり外れてしまったり、何かしらの破損があると、そこから雨漏りが発生するケースが非常に多いです。
こういった屋根の破損を放っておいたり、陸屋根の防水をしていなかったり、スレートの塗装がはげていたりすると、遅かれ早かれ100%雨漏りします。
なお、経年劣化の場合は対象外ですが、台風などによる強い風やその他、自然災害などが原因で屋根が破損した場合は、火災保険で治るケースもあります。

その2:ベランダのひび割れ

ベランダは、屋根と同じく太陽や雨風にさらされるだけでなく、屋根とは違って人の手入りがある分防水の塗膜が壊れやすくなっている場所です。
その上排水溝が詰まったりすると、雨水が上手に流れずに水たまりができる場合があります。
それにプラスしてベランダに小さなヒビなどが入ってくると、そこからじわじわと雨水が流れ込み、雨漏りの原因となる場合があります

その3:サッシや窓から

屋根ではなく外壁が雨漏りの原因として多い場合、窓枠やサッシなどが原因となっていることが多いです。
基本的に雨水は外壁の表面をつたって地面に落ちていきますが、経年劣化や地震などによって、ひび割れてしまったりシーリングが劣化してその隙間から雨水が入ってくる場合があります。

その4:給水管から侵入

忘れられがちなポイントでもあるのですが、給排水管も窓枠やサッシと同じように、防水シートを貫通しているため、そこが原因で雨漏りすることもあります。

その5:天窓からの侵入

特に昔にできた、窓は雨漏りしやすいと言われています。
天窓に使われるコーキングは、およそ10年前後を目安にして劣化が始まります。
気になる方はチェックしてみてください。ひび割れしていたり縮んでいたりしている場合は、塗り換えの必要があります。

まとめ

ここでご紹介した雨漏りの原因は、複数ある中のほんの1部に過ぎません。
また、雨漏りの原因箇所が1カ所や二箇所でない場合もあります。
雨漏りに関しては、雨漏りの専門知識を持っている職人でないと完璧に対処することはできません。
我々守礼ホームは、ただ防水工事をしているだけでなく、雨漏りの原因箇所を突き止めることなども行っています。
特にスレートの塗装がはげてしまっていたり、屋根が破損していたり、陸屋根の防水がされていなかったりする住宅は、近い将来雨漏りする可能性が非常に高いです。
そういった部分も踏まえて、工事をするしないにかかわらず、心配な方は一度気軽にご相談くださいね♪
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら