湿度が変わる、臭いが変わる 塗り壁漆喰

こんな心当たりありませんか?

そのお悩み 沖縄伝統の琉球漆喰で解決出来ます!

まずは気軽に相談・見積もり


琉球漆喰には様々な効果があります

漆喰を作っている写真

①湿度調整、結露防止の効果

最大の特徴は琉球漆喰のもつ調湿効果です。
湿気の多い時には湿気を吸い込み、乾燥しているときには加湿してくれます。
まさに、湿気が多い沖縄にピッタリの建材です。


②消臭効果、防カビ効果、抗菌作用

漆喰は高アルカリ性なので、ウイルスを不活性化させ、細菌や臭いの成分、カビなども同様の仕組みで細孔に閉じ込め、最後は殺してしまう効果があります。
つまり、漆喰を塗った部屋は、通常よりもバクテリアやウイルスを劇的に少なくできるのです。


③シックハウス症候群対策

漆喰は一般的に自然素材だと思われてますが、現在市場に出回っている漆喰の9割は化学接着剤が入ったものです。
厚生労働省の調べで、今や日本人の10人に1人がシックハウス症候群といわれています。
琉球漆喰はシックハウス症候群の原因となるVOC(揮発性有機化合物)を使用せず、カビやダニの発生を防ぐためシックハウス症候群の対策になります。


④防火効果、防音効果

化学接着剤を入れない琉球漆喰は建設基準法での不燃材になります。(平成12年5月30日建設省告示第1400号、平成16年9月29日国土交通省告示1178号) 漆喰は古来より耐火目的でも使用されていました。 また、漆喰を塗ることでお部屋の防音効果もうまれます。

綱引きの写真

弊社の漆喰は那覇綱引き、糸満綱引きで使われた綱を材料として使います。

漆喰の歴史は古く、5000年前から使われていました。
琉球漆喰は1300年代から使われていたと言います。


屋根湿度の写真

沖縄では瓦の繋ぎ材として漆喰が使われていました。
しかし、弊社の実験により漆喰の特徴を調べたところ瓦の繋ぎ材よりも内装に向いている健材だということがわかりました。


湿度のデータ


生活環境を改善し、環境にも良く、無害な琉球漆喰の真価は屋根でなく、塗り壁でこそ発揮されるものと確信しています。


また、弊社独自の製法で琉球漆喰を進化させました。
従来、塗り壁で漆喰を使うと、3年ほどで漆喰特有の縮みや、ひび割れが出てきていましう問題がありました。
しかし、弊社独自の製法でこれを解決!
何年経っても一ミリも縮まない漆喰が出来ました。
天然素材でも脆くない、内装用の漆喰が弊社の売りです。


漆喰の施工写真


壁に漆喰を塗ることは、沖縄の伝統文化を守ることにも繋がります。
どんなに技術や材料が良くても、漆喰を使おうと思ってくれるお客様がいてこそ、伝統文化は守られていくのです。

まずは気軽に相談・見積もり


株式会社守礼ホーム|沖縄県内での外壁塗装・屋根工事なら守礼ホームにお任せ下さい!

お問い合わせ

下記内容を入力の上、送信ボタンを押して下さい。

お問い合わせ内容をご確認後、こちらからご連絡先に連絡致します。

必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容

※お問い合わせフォームの必要事項をご記入の上、送信をお願いいたします。

※送信後にお問い合わせ完了のメールが届かなかった場合は、メールアドレスが間違っているか、迷惑メールに分類されている可能性がありますので、いま一度ご確認をお願いいたします。

  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら