新着情報

アスファルト防水工事ってどんな工事?

 
アスファルト防水と呼ばれるアスファルト防水の工事は、主に屋上の防水工事で使われる方法で、様々ある屋上防水の中でも1番古くから使われており、高い信頼性、防水性があるとして選ばれてきました。
 
この記事では、そんなアスファルト防水の工事の基本知識を簡単にご紹介したいと思います。
 
 

屋上防水でアスファルト防水工事を選ぶメリットとデメリット

屋上に使う防水工事も、それぞれに特徴やポイント等があり、メリットやデメリットが存在します。

 

アスファルト防水工事のメリット

アスファルト防水工事のメリットは
 
  • 信頼性があり耐用年数が比較的長い
  • 信頼度の高い防水工法の中でも比較的経済的な価格で施工することができる
 
 

アスファルト防水工事のデメリット

デメリットと言うと
  • 工事の方法によっては大掛かりな設備等が必要となる
  • 比較的高い技術力が必要となるため優良業者を見つけなければいけない
  • 施工の際にキツイ匂いが出る場合があり、住宅密集地の場合だとトラブルに発展する恐れがある
 
 

アスファルト防水工事は3つの工法がある

アスファルト防水工事には
  • 熱工法
  • 常温粘着工法
  • トーチ工法
この3つがあり、シチュエーションによって工法を分けていきます
 
 

アスファルト防水は10年から15年ほど保つ

すべての場合ではありませんが、一般的にアスファルト防水工事は、耐用年数が10年から15年だと言われています。
それ以上年数が経過してしまうと、正しい状態が保てなくなり、防水の意味がなくなってしまいます。
 
また、厄介なのが業者に手抜きをされてしまうと通常の耐用年数よりも大幅に短い期間で防水に不具合が発生してしまうことがあります。
そうなってくるとまたメンテナンスのために費用がかかってしまったり、何かと面倒臭いことになります。
 
少し前にもお話ししましたが、アスファルト防水は特に信頼のできる業者に依頼することを強くお勧めします。
 
 

まとめ

屋上防水はアスファルト防水だけではなく、他にも様々な防水方法があります。
屋上防水を検討しているのであれば、施工業者にどの工事はどのような特徴があるのか。と言う話を聞きながらご自身の住宅に合った適切な防水工事をしていくと良いでしょう。
また、アスファルト防水工事に限らず、防水は定期的なメンテナンスが必要となります。
いちど防水施工をしてもらったからといって一生安心と言うわけではありません。
どの防水工事を選ぶにしてもそこは忘れてはいけません。
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら