新着情報

やってない住宅は危険です!防水工事とは?基本知識と必要性

防水工事とは非常に費用がかかるイメージですよね…
 
ただ、あえてお伺いしますが、あなたの住宅の屋根は防水工事がされていますか?
 
既に防水塗装がされている場合は大丈夫ですが、まだ防水工事がされていない住宅や建物をお持ちの方は要注意です
 
それは一体なぜなのでしょうか?
特に沖縄では防水工事がされていない住宅や建物珍しくありません。なので、この事に違和感を感じる方も中にはいらっしゃるかもしれません。
 
この記事では、防水工事とはそもそも何なのか?と言う基本知識から、なぜ住宅には防水工事が必要で、防水工事をしていない状態がなぜ危険なのか、といったところをわかりやすくお伝えしていきたいと思います。
 
 

防水工事とはどんな工事?

防水工事とは、住宅を雨や水から守るために防水処理をすることを言います。
屋根で言うと防水塗料を屋根に塗装して雨の侵入を防いだり、瓦が外れていたり陸屋根にクラック(ひび割れ)があったりすれば、瓦を直したり、コーキング剤でクラックを埋めるなどして対策を取ったりもします
 
外壁であれば、窓枠や建材のつなぎ目などによくあるコーキングを撤去して打ち直したりもします。
 
とにかく、雨水が住宅の中に侵入してこないように対策を取るのが防水工事となります。
住宅の形やタイプ、工事の必要箇所等は建物によって変わってくるため、金額なども一定ではなく変わってきます。
 
 

なんで防水工事は必要なの?

防水工事はした方が良さそうなのは多くの方が思うことかと思いますが、実は防水工事をしないと、最終的には100%雨漏りにつながってしまうんです…
 
というのも、私たちの専門は屋根なので屋根でお話ししますと、例えばコンクリートがむき出しになっている屋根の場合、そのままにしてしまうと、雨の日に道路のコンクリートが雨水を吸うのと同じように、住宅のコンクリート屋根も雨水を吸ってしまいます。
 
そうすると、コンクリート内部にある鉄筋に染み込んだ雨水が到達し、鉄筋が雨水を吸うと倍の大きさに膨張してしまい、コンクリートが爆裂してしまいます。
たまに、住宅の屋根や外壁にクラック(ひび割れ)を見る事があるかと思いますが、それらはこういったことが原因で発生してしまっているのです。
 
そしてクラックが発生してしまうと、たとえそれが小さなものだったとしても、雨水は容赦なく侵入していきます。
それがさらなる屋根の破壊を生み、最終的には室内の天井に到達し、天井の壁紙に雨染みが発生し、最終的には天井からポタポタと水が垂れてきます。
いわゆる「雨漏り」ですね。
 
その状態を何年も放置すると、最終的に屋根が陥没して天井が落ちてくることも珍しくありません
こうなってしまうと修繕のための費用は半端じゃありません。。
 
少し話が長くなってしまいましたが、これって最初から防水工事に多少の費用をかけていれば、それだけで済む話なんです。
防水工事もそれなりに費用はかかってしまいますが、実際に屋根が壊れてしまってからかかるお金と比べれば安いものです。
 
それでもこういった事実があまり周知されていないが故に、「高いお金をかけてまで防水工事をする必要は無い」「まだ雨漏りしてないから大丈夫」とおっしゃられる方があまりにも多いのですが、全然大丈夫ではありません!
 
私たちもたまに、お客様に防水工事のアナウンスをすることがありますが、これはあくまで営業トークとして話しているのではなく、防水工事をしていない状態が本当に危険だからこそ、早めの対応が必要だとお客様にお伝えさせていただいております。
 
実際に雨漏りしてからでは遅いです!
 
 

防水工事の種類を紹介

防水工事にはたくさんの種類がありますが、ここではその1部の3つをご紹介します。
 
 

屋上ウレタン防水

これは、屋上が平面になっている屋根で行われる防水なのですが、ウレタンの塗料をスプレーを使って塗装していきます。
こちらは新開発の技術でして、通常のウレタン防水の2倍以上の強度を持ち、施工のしやすさから工事の期間も短縮、そして環境に優しいと言うメリットもあります。
 
 

バルコニーウレタン防水

こちらは防水工事の中でも1番ポピュラーな防水工事です。
特徴としては、他の防水よりもかなり軽量になっており、住宅への負担が比較的少ないものになっています。
また、定期的にトップコートだけ塗り替えをすることで、防水層を紫外線劣化から長期にわたって防ぐことができます。
 
 

アスファルトシート防水

こちらは塗料を塗ると言うよりは特殊な防水シートを活用した防水方法になります。
従来の熱アスファルト防水の短所と言われていた煙や臭いの危険性などを最大限に抑えつつも、防水施工性が良く、かなり強靭な工法になります。
 
 

防水工事をするときはどんな防水がオススメ?

これにつきましては、住宅や建物の構造や形状などによって適切な防水工事の方法が変わってきます。
また塗装の際にどんな塗料を使うのか、と言う部分についても金額が変わってきたりします。
どれぐらいの予算がありどれほどのレベルの防水を求めるのかによっても変わってきますので、実際に屋根の工事業者が住宅を確認しお客様とお話をした上で判断するのが一般的です。
 
 

防水塗装の改修時期は?

一般的な年数で言うと、10年から15年程度で改修工事をされるのが一般的です。
ただ、5年から10年間放置してれば良いと言うわけではなく、採用する塗料によっては3年から5年程度でトップコートの塗り直しなどが必要となってきます。
トップコートの塗り直し程度であれば、最初にかかった工事費用ほど大きな金額は発生しません。
 
また、熱劣化や紫外線劣化等によって防水層が変色したり破れてしまったり亀裂が発生してしまったりすることがあります。
これを放置するとあまり防水の意味がなくなってしまいますので、年数に関係なく定期的にメンテナンスをするのがオススメです。
 
 

防水メンテナンスの具体的な方法

先程の段落でお話しした防水メンテナンスについて改めてお話ししたいと思います。
 
先ほどもお伝えしたように、大体10年から15年程度で改修工事の目安となるのですが、施工業者によっては残念ながら手抜き工事をする業者も未だに珍しくありません。
手抜きをされてしまっては、当然通常通りの状態とは大きく変わってくるため、5年も経たずに異常が発生する場合もあります。
実際に私も「3年前に業者に頼んで塗装してもらったのにもうはげてきた」と言う状態を何度も見てきました。
 
なので、可能であれば年に1回でもいいので目視で施工部分を定期的にチェックすることが大切です。
 
しかし、10年を過ぎるとどんなにきちんと施行されても劣化は進んできてしまいます。
15年を過ぎると、どうしても雨漏りや水漏れ等が発生するリスクが高まります。
特に異常がなさそうでも、念のため専門家である屋根業者に、防水の状態チェックをしてもらうことをお勧めします。
 
 

防水工事を依頼する際の流れ

防水工事をリフォーム業者に依頼する際は、まずはご自身で問い合わせをしていただき、業者から建物の調査や診断をしてもらいます。
既に雨漏りが気になると言う方は、雨漏り診断士に連絡をしてもらうのも1つの手です。
 
業者からの調査や診断が終わるとお客様への診断結果の伝達が行われます。
それをもとに防水工事はどのような方法で防水材はどんな塗料にするかなどを業者と話し合いながら決めていただきます。
ある程度決まったら業者から見積書が作成されます。
その内容に納得がいきリフォームの契約が結ばれたら工事の日取りを決めて防水工事が始まります。
 
防水工事費用の支払いは一般的に後払いです。
現金を直接お渡しするパターンもあれば、銀行振込なども可能です。
 
 

防水工事に必要な期間はどのくらい?

防水工事となるとかなり長期間をイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんね。
規模によっては1ヶ月、2ヶ月に及ぶケースもありますが、一般住宅の場合であれば数日で終わることも珍しくありません。
ただし、防水塗装を行う防水工事は雨が降るとできません。
そのため、そこで多少前後することがあります。
 
 

防水工事はいくらぐらいかかるの?

次に気になる防水工事の費用面のお話です。
前半部分でもお伝えしたように、住宅の状況や工事内容、使う防水塗料などによっても費用や工期が変わってきます。
なので一概には言えませんが、一般住宅の屋根を防水塗装したい。となった場合、300,000円から500,000円程度の金額を見ておくと良いでしょう。
防水シートの貼り直しが必要だったり、瓦を撤去して防水塗装に変えたいといったような大掛かりな工事内容になってくると1,000,000円以上するケースもあります。
 
ただ、極端に高すぎる業者は論外ですが、中には工事が欲しいため極端に値段を下げてくる業者もいます。
消費者側としては値段が低いに越した事は無いので一見嬉しい提案にも思えるのですが、値段を下げてしまうと施工業者側は工事による利益が取れません。
そのため、材料を過剰に薄めてごまかしたり、工事期間を縮めるために必要な工程をスルーしたり、いわゆる手抜き工事が行われるリスクが高まってしまいます。
 
なので、いくつかの会社の見積もりを取ってみると良いでしょう。
ちなみに、私が言うのも変な話ですが、弊社守礼ホームでは、極端に高い見積もりを出すこともありませんし、見えないところをごまかして手抜き工事をする事は一切ありません
その辺は安心してくださいね!
 
 

まとめ

記事の中でもお伝えしましたが、防水工事は雨漏りしてしまう前にやらなければ全く意味がありません。
防水工事にも様々なグレードがありますが、何もしないよりかは最低グレードの防水でもやるに越した事はありません。
なお、防水工事をやりたいけど費用がどのぐらいかかるか心配。と言う方はいつでも気軽に弊社へご連絡ください。
見積もりはいつでも無料です^_^
 
 
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら