新着情報

天井の防水工事はやるべき?費用はいくら?

 
梅雨の時期になると雨の日が続いて、中には天井に雨のシミが発生する住宅も出てきます。
天井の防水と言うと、一般的に屋上防水工事とも呼ばれますが、これにはいくつかの種類の防水工事の方法があり、施工費用は建物の状態や選ぶ業者によって大きく変わってくる場合があります。
 
この記事では、天井の防水工事を検討している方に向けて有益な情報をまとめていきたいと思います。
 

天井(屋上)の防水工事の相場は?

屋上防水の工事費用の相場は、平米あたりの施工単価は大体4000円から8000円程度です。
 
なお、例えば200平米でやったとすると、大体1,400,000円から1,600,000円程度の法事になるのが一般的です。
 
ただし、現場の状況等によっては変動する事は大いに考えられることです。
極端な話ですが、これが3,000,000円、4,000,000円、500,000円といったように、極端に高かったり極端に安かったりする場合は、あまり良い業者ではないことが考えられます。
 
極端に安い業者はほとんどの確率で見えないところで手抜き工事をされています。
次回のメンテナンス時期が大幅に早く訪れる可能性も高くなりますので、極端に安い業者は注意してください。
 
 

「長く続いている会社であれば良い」わけではない

よくありがちな会社の選び方なのが、
「昔からある会社の方が信頼できる。」
といった選び方です。
確かに昔からある業者の場合それなりの信頼もあるのですが、実際に私たちが屋根のメンテナンスや補修工事等で呼ばれて屋根に上って驚く事は少なくありません。
というのも、実際に屋根に登ってみて「これでもか」と言う位手抜きの工事がされている住宅がたくさんあるんです。
聞くところによると、前回屋根の工事をしてもらったのは10年以上前、20年以上前と言う場合がほとんどです。
 
つまり、手抜き工事を行っている会社の中には、古くから存在する業者もいくつかあるということです。(もちろん真っ当な業者さんも沢山あります)
 
また、知り合いの業者に見てもらった。と言うお客様もいらっしゃるので、そういった場合は、顔を潰すわけには行かないので、やんわりと現状をお伝えしていますが、屋根の専門業者である私たちからするとかなり最悪の工事をしている業者も珍しくはありません。
 
もしも可能であればご自身の所有する住宅や建物の屋根に登ってみてください。
もしも、屋根が気になるけど自分じゃなかなかチェックしに行けない。と言う方であれば、弊社にご連絡ください。
屋根の工事をされない場合でも、無料で点検させていただいております。
 

まとめ

弊社の他の記事でも同じようなことを書いているのですが、住宅の防水工事は可能であれば絶対にやった方が良いです。
なぜならば、屋根の防水工事をしていない建物と言うのは、住宅や建物の経年劣化とともにいずれは100%雨漏りしてしまうからです。
 
また、最初に防水工事を済ませている住宅でも、10年から20年くらい経つ頃には劣化が見られ始めます。
定期的にメンテナンスをしていないと、「この家はきっちりと防水工事をしているはずなのに、なんで雨漏りするの?!」と取り返しのつかない事態になってしまうこともあります。
 
防水工事は決して安い買い物ではありませんが、お金をかける優先度はかなり高いと言えるでしょう。
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら