新着情報

沖縄在住必見!防水塗装はいくら?なぜ必要?オススメ業者は?

防水塗装は家を雨漏りから守るためにとても大切なことであり、もっと言うと、やらずに放っておくと確実に雨漏りする。

といっても過言ではない位、必須項目でもあります。

 

しかし、沖縄県の住宅の多くはコンクリートがむき出しになっており、防水されていない屋根もまだまだたくさんあります。

去年の台風シーズンは、非常に多くのお客様から「雨漏りした、何とかしてほしい」と言う連絡が殺到しました。

 

そしてその住宅に足を運んでみると、どの住宅も雨漏りを防ぐための防水塗装が全くされていない状態でした。

防水塗装をしないとなぜ雨漏りするのか。

と言う部分も踏まえてこの記事では防水塗装の必要性や金額的な部分、どのように防水塗装を行うかなど、防水塗装に関する気になるあれこれをまとめていきたいと思います♪

 

防水塗装とは?

防水塗装は、防水効果がある塗料を屋根に塗ることです。

防水することにより、雨などの水の侵入を防ぐことが出来、雨漏りや天井崩落のリスクをぐんと下げます。

 

なぜ防水塗装は必要なの?

屋根からの雨漏りを防ぐために防水塗装が必要であると、このページの冒頭でもお伝えしましたね。

コンクリートの屋根と言うのは、例えば雨が降った後の道路の表面が水を吸うのと同じように、コンクリート屋根もしっかり防水されていない状態だと水を吸ってしまいます。

すると、その中にある鉄筋まで雨水が届き、鉄筋が水を吸うと何倍にも膨張してしまい、やがてコンクリート屋根が爆裂して亀裂が入ってしまいます。

大きく亀裂が入るとその部分から一気に雨水が侵入してきて、屋根の破壊が急速に進みます。

そして最終的には室内まで雨が到達し、ポタポタと床に水が落ちるようになります。

 

・・・つまり、

 

「雨漏りだ!」と室内からわかるようなときには、屋根の破壊が既に進行しており、手遅れな状態になっているといえます。

 

ここで巻き戻って考えてみると、そもそも屋根防水をしっかりとしていれば、そもそもこのような事態にはならないんです。

だからこそ屋根の防水塗装は、必要不可欠だと言えるんです。

 

 

屋根の防水塗装はいつやるのがいいの?

防水塗装は、できるだけ早く行ってください。

費用としては数千円数万円で済む話ではないため、なかなかすぐに決断できないのもわかりますが、先程の段落でお伝えしたようにすでに屋根の破壊が進んで雨漏りしてしまっている状態だと、修繕費用も含めて2倍3倍お金を支払わなければいけなくなることもざらにあります。

 

そう考えると、予防医学的な意味合いで最初に防水塗装の費用だけ投資しておくことが、最終的には家を守るための費用を最小限に抑えることにつながります。

その方がとても倹約的です。

 

防水塗装はどんな工事をするの?

文章で説明するより、動画を見ていただく方が手っ取り早いと思うので、弊社で行った過去の施工動画をご覧ください^_^ 

 

防水工事の動画を見る→

 

 

防水工事の費用はどのぐらいかかるの?

どんな屋根なのか、どのくらいの大きさなのか、どの塗料を使うのか、どの業者を選ぶのか等によっても変わってきますが、一般的には通常の戸建て住宅で防水塗装をする際は、300,000円から500,000円程度だと言われています。

あくまでおおまかな数字ですので、依頼する業者にまずは見積もりを取ってもらうことをお勧めします。

弊社では、お安く済ませたい方のことも考えて、いくつかの見積もりのパターンを全て無料で承らせていただいております。 まずは気軽にご相談ください♪

«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら