新着情報

コンクリート住宅のひび割れは「防水工事してない」が原因

 
 
沖縄県内の住宅は、内地の住宅とは違いほとんどがコンクリート住宅になります。
しかし、沖縄のコンクリート住宅では、きちんと防水工事がされていない住宅もたくさんあります。
 
結論から言うと、そのような状態だとコンクリートがひび割れしてしまい、最終的に雨漏り、水漏れが発生してしまいます。
 
今現在は雨漏りをしていなくて見た目も大丈夫そうな住宅でも、「防水工事」をしていない住宅は、確実に雨漏りの第一段階が進行している。と言うことを知っておく必要があります。
 
ここでは、防水工事はなぜ必要なのか。
それについてわかりやすく説明していきたいと思います。
現在沖縄県のコンクリート住宅にお住まいの方で、防水工事を1度もされたことがないと言う方は、特に読んでいただきたい内容となっています。
 

コンクリート住宅のひび割れと防水工事の関係

一見、防水工事を住宅にしていないことが建物のひび割れにつながっているとは思わないですよね。
 
でもこれには密接な関係があるんです。
 
コンクリートの構造物にひび割れが発生してしまう1番大きな原因は、海から発生する潮風による塩害、そして雨による酸性雨によって、アルカリ性のコンクリートが弱ってしまうことが始まりです。
 
コンクリート住宅が酸性雨によって酸化が進んでしまうと、ツルツルでテカテカしていたコンクリートが砂状に変わってしまい、どんどんもろくなってしまいます。
 
すると表面から見ても触ったとしてもざらざらとした状態に変わります。
 
この状態になると、少しの水でも吸い込むような状態になってしまいます。
そうなってくると、日常の雨でも水を継続的に吸い込むようになり、コンクリートの中の鉄筋が錆びてしまい膨張します。
その膨張の際に、コンクリートに亀裂が発生して、ひび(クラック)が入ってしまいます。
いちどそうなってしまうとひび割れが広がるのも時間の問題で、余計に雨水が侵入して来やすくなるため水漏れや雨漏りが発生してしまいます。
 
最悪の場合、天井が崩落してしまうこともあります。
もしそこに大切な家族、ペットがいたらと思うと無視できる話ではなくなってきます。。
 
話を防水工事に戻しますが、そもそも住宅のコンクリートに防水工事をしていれば、塩害や酸性雨などによるコンクリートの劣化を防ぐことができます
結果として雨水の侵入などを防ぐことができるため、住宅を長く強い状態を守り続けることができるんです
 
 
 
 

スレート屋根もペンキを塗装することで防水効果が得られる

スレート屋根と言うのはこういった屋根のことです↓
 
多くのスレート屋根を見ると何も塗装されていない屋根が多くありますが、実はこのスレートもコンクリートと非常に似ており、先程の段落でお話ししたようにそのままの状態だと水を吸い込んでしまい、最終的にはスレートが壊れて雨漏りしたりします。
 
スレート屋根の場合、陸屋根とは違い、ウレタン防水やシート防水などをする事はありません。
 
ですが最近では、遮熱塗料をスレート屋根に塗装して、その塗膜で潮風や酸性雨から屋根を守る施工が選ばれています。
遮熱塗料を屋根に塗装すれば、夏場の太陽による暑さから住宅を守ることもできます。
 
防水もできて、家の中を涼しくすることもできるので、暑い夏が続く沖縄には非常に適しています。
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら