新着情報

1つ当てはまったら即依頼!防水工事が必要な3つのサイン

 
住宅は、10年に1度業者にメンテナンスをすることが推奨されています。
つまり、10年が経過した住宅は、何らかの欠陥が現れやすい状態にある。と言うわけです。
 
ここでは、陸屋根の住宅で防水工事、もしくはメンテナンスを即依頼した方が良い状態について3つご紹介します。
 

防水工事をしてから10年が経っている

防水工事は、いちど行えば一生安心。と言うわけではありません。
どの業者が行う防水工事でも、定期的なメンテナンスが大前提です。
 
一般的な目安としては、10年が過ぎたらメンテナンスをします。
明らかに何もないことが明白である場合以外は、防水工事してから10年以上経過している場合は、業者にいちど点検に来てもらうことをお勧めします。

雨漏りもしくは雨染みが発生している

既に雨漏りが発生している場合は、様子を見る余地はありません。
できるだけ早く迅速に防水工事を行う業者に連絡する必要があります。
もしくは、知り合いに雨漏りに詳しい業者がいる場合は、雨漏り専門の業者に連絡するのもありです。
 

屋根が部分的に破損している

例えば、陸屋根の表面が部分的に剥がれてしまっていたり、台風等の影響で壊れたりしている場合は、すぐに修理する必要があります。
 
屋根と言うのはとてもデリケートで、ちょっとしたクラックがあるだけでも放っておくと雨漏りにつながります。
こういった対処は早ければ早いほど、安く早く済ませることができるので、「まだ大丈夫」と言う感覚はいちど置いといて、すぐに業者に点検を依頼することをお勧めします。

まとめ

たいていの業者は、無料点検を行ってくれます。また、無料点検を依頼したからといって、必ず工事を依頼しなければいけないわけではありません。
 
なので、無料で点検をしてくれる業者がいるのであれば、工事をするしないにかかわらずいちど連絡することをお勧めします
 
また、状況によっては火災保険を申請することで工事に必要な金額を保険金で賄うことができる場合もあります。
 
火災保険で工事を行いたいと思われた場合は、こちらの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?
 
参考:火災保険加入者必読!こんな事でも保険申請できる
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら