新着情報

防水工事をしたばかりなのにすぐに水漏れが発生した→これってどうなの?

 
防水工事でよくあるトラブルの中に、防水工事をしたばかりなのにすぐに水漏れもしくは雨漏りが発生した。と言う事例があります。
 
水の侵入を防ぐための防水工事をした矢先にこのようなトラブルが発生してしまっては非常に困ってしまいますよね。
 
こうなった場合、どこにどのように相談して解決したら良いのか分からなくなってしまうかと思います。
 
この記事ではこういったトラブルが発生した際にどのように対処したらよいのかについて解説していきます。
 
 

防水工事をした施工業者に伝える

まず最初にやることとして、実際に防水工事を依頼した業者に問い合わせて現状を伝えてみましょう。
 
しかし、場合によっては「老朽化が原因なので仕方がない」「どこから雨漏り、水漏れが発生しているのか見当がつかない」といったような回答に至る場合も実際にあります。
 
実際のところ、水漏れや雨漏りの専門家ですら原因がピンポイントで特定できない場合もあるため、雨漏りと言うのは場合によっては非常に複雑なものであると言う認識を持つことも大切です。
 
とは言え、雨漏りや水漏れが治ると思って工事を依頼した消費者側としてはたまったものではありません。
 
問い合わせの際に補償内容などを確認した上で再び見てもらうように依頼しましょう
 
 

防水工事を行う上で漏水が止まらない可能性の説明を受けるのが通

先程の段落でお伝えしたように、雨漏りや水漏れと言うのは、場合によっては専門家ですら原因が特定できない場合もあるものです。
そのため防水施工を行う業者もその時に発生している雨漏りや水漏れに関しては100%解決できない可能性もあるため、それについて事前に説明されるのが一般的です。
 
既にその可能性について説明を受けているのであれば受け入れざるを得ない場合もあります。
 
なお、あなたがもし近いうちに防水工事を検討しているのであれば、業者との話の中で雨漏りが治るかどうかの話や、補償内容の部分をきちんとはっきりさせることが大切です
 

既に雨漏りが発生している場合はただ防水工事をするだけではダメ

ただ防水工事をするだけで治る場合もありますが、雨漏りは原因が1カ所だけでなく複数存在する場合もあり、その中に複雑な雨漏りの発生原因となっている場所があればただ表面的に防水工事を行うだけでは雨の被害を防ぐことができない可能性もあります。
 
しっかりと雨漏りの根本原因を修正した上で全体的な防水工事を行うことが必要となります。
 
まだ雨漏り等が発生していない住宅であれば難しく考える必要はありませんが、すでに雨漏りや水漏れ等が発生している場合は、ただ防水工事をするだけでなく根本原因をしっかりと直すことを念頭に置いた上で防水していきましょう
 
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら