新着情報

防水工事は火災保険でできるの?

 
防水工事の見積もりをいちど取った経験のある方であればお分かりいただけると思いますが、防水工事と言うのは決して安い買い物ではありません。
 
もちろん建物の形や規模等にもよりますが、数十万円、もしくは1,000,000円以上してしまう場合もあります。
 
そのため、雨漏りが心配で防水工事をしたい。と言う方の中には、金銭的なことが原因で防水工事をすることができずに断念される方も少なくありません。
 
そこで、もし火災保険が降りて防水工事ができればいいな。と思われる方もいらっしゃると思います。今回の記事ではそこについて解説していきます
 

「住宅を守るために火災保険で防水工事をしたい」は可能性が低い

火災保険を活用して防水工事をして住宅を守りたい。こういった考えはもちろんごもっともではあるのですが、現場のルールとして、火災保険と言うのは、主に自然災害などにより住宅が傷ついたり壊れてしまった場合に適用されるものとなります。
 
そのため、守るために行う防水工事に対して火災保険を使う事はおそらく出来ないかも知れません。
 
 

ただし、火災保険を上手に使って給付金を受け取ることで、防水工事は出来る

住宅や建物をお持ちで火災保険に加入されている方であれば、場合によっては火災保険の給付金を受け取ることが可能です。
そして受け取った給付金は基本的にしかるべきところに使う物なのですが、使い道は自由なので、そういったお金を防水工事に回すことも可能です。
 
なお、弊社では防水工事をしたいけれども金銭的に余裕がない。と言うお客様のご相談も承っております。
住宅の屋根の防水工事を検討されている方は、気軽にご連絡ください
 
 

台風や地震などでの住宅の損傷に心当たりのある方はすぐに保険を使おう!

火災保険や地震保険等に加入されている建物の所有者の方で、台風や地震などの影響で住宅や建物の損傷があると言う場合は、すぐに保険申請をかけることをお勧めします。
 
基本的に自然災害が発生してから3年を過ぎてしまうと、保険適用外になってしまう。と言われています。
そのため、大型の台風や大きめの地震などで住宅や建物に損害が発生した場合は、すぐにお世話になっている保険会社に連絡しましょう。
 

0.2mmの傷も保険の対象になる

近づいてよく見ないと見えないような0.2ミリメートルの傷すらも保険の対象になると言うことをご存知ですか?
先程の段落では目に見えてわかるような損傷や損害がある場合は、すぐに連絡しましょう。と言う話をしましたが、それだけではなく近づかないと見えないような小さな傷ももしかしたら保険の対象になる可能性があります。
このほかにも火災保険や地震保険には、我々一般人にはなかなか届かないいろんなルールや情報があります
住宅や建物の防水工事を検討されている方で、火災保険、地震保険に加入されていると言う方は、保険の請求漏れになってしまうと非常にもったいないので、いちど検討されてみることをお勧めします。
 
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら