新着情報

カラーベストはどんな屋根?実は防水しないと危険です

 
カラーベストとは、屋根の材料の1つです。
 
この記事では、カラーベスト屋根の特徴や防水して水の被害をきちんと防ぐことの重要性についてお話ししていきたいと思います。
 
 

カラーベストとは

カラーベストはちょっと難しい言葉で言うと「平型化粧スレート」のことです。
 
屋根の材料の1つで、カラーベストの原料はセメント、けい砂です。
ここに繊維を加えて補強して作られています。
 
 

カラーベストの特徴

カラーベストは日本全国で見ることができるタイプの屋根材です。
 
沖縄県も例外ではなく、新しくできている住宅では頻繁にカラーベストの屋根を見ます。
 
そんなカラーベストの特徴は
  • 薄くて軽いけど強い
  • デザインや色が豊富
  • 現代の住宅の屋根材としては最も多く使用されている
 
 

カラーベストのメリット

  • デザイン、色が豊富なため住宅の外観にこだわりたい人にオススメ
  • 他の屋根材に比べると値段が安い
  • 1枚1枚が軽いため住宅に係る物理的な負担が少ない
 
 

カラーベストのデメリット

  • 定期メンテナンスが必須(約10年ごとに塗り替え工事)
  • 凍害にめっぽう弱い
  • メンテナンスしないと割れたり雨漏りしたりするリスクがある
  • 北海道や東北地方などの寒い地域ではお勧めできない
 
 

カラーベストは防水しないと危険!その理由は

 
その理由は、カラーベストの施工方法に関係してきます。
 
簡単に説明すると、カラーベストはスラブの上に防水シートを敷きその上にカラーベストをビスで打ち込んでいくのですが、その際にビスが防水シートを貫通させてしまいます。
 
また、カラーベストは最初に説明したようにセメントでできている屋根材ですので、雨が降ると水を吸い込むと言う特徴があります。
連日大雨が続くと、カラーベストが雨の水を吸い込みその下まで浸透していきます。
防水シートはビスが突き破ってしまっているので、ビスをつたってさらにその下のスラブの部分にまで水が侵入していきます。
 
そのスラブに水が浸透していき内部の鉄筋まで水が達すると、鉄筋が倍の大きさまで膨張し内部で爆裂が発生します。
するとスラブの表面に亀裂が入りどんどん水が侵入していきやすい環境ができます。
すると屋根の損傷が加速していき、最終的には雨漏り、天井の崩落にもつながります。
 
もちろん立ててすぐの家がこうなるわけではありませんが、10年、20年、30年と長い年月をかけてじわじわとこういったダメージが蓄積されていきます。
 
元をたどるとカラーベストの表面にきちんと塗装してメンテナンスされていればこういった事態は起きません。
 
その時はいくらか出費が発生してしまいますが、長くその住宅に住むならば、将来的に子や孫に引き継ぐことを考えているのであれば、なおさら水の被害を防ぐための防水やメンテナンスはおろそかにしてはいけません。
 
それほど屋根のケアと言うのは大切にしていきたいものなのです
 
 
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら