新着情報

カラーベストの屋根にペンキ塗り替えは必要?

 
 
沖縄を含め、全国的に多く見られるカラーベストタイプの屋根にもペンキ(塗料)の塗り替えは非常に重要です。
 
しかし沖縄県内のカラーベスト屋根を見ていると、一部きれいに塗装されている屋根もあるものの、塗装されていなかったり、かなり塗装がはげている状態の屋根もたくさんあります。
 
 
実は、カラーベストにペンキを塗ると言う事は、屋根の防水にもつながるんです。
 
逆に、カラーベストの屋根にきれいにペンキが塗られていない状態がどのようなデメリットにつながるのか。といった部分についてお話ししていきたいと思います。
 
 
 

塗装されていないカラーベスト屋根は雨漏りのリスクが非常に高い

 
一般的には、カラーベスト、スレート、コロニアルなどの屋根材には、塗料などを塗って防水する必要はないと一昔前までは言われていました。
 
ですが、実際のところカラーベスト、スレート、コロニアルなどの屋根には定期的な塗料の塗り替えが非常に大切で、それをすることにより住宅の水の被害を防ぐことができる。と言うのが現代の正しい常識です。
 
この段落のタイトルにもあるように、きれいに塗装されていないカラーベストの屋根は雨漏りのリスクが非常に高くなってしまいます。
 
先に答えを言ってしまうと、カラーベストはコンクリートでできているため、水を吸い込んでやがては家の中に水が侵入してしまうからです。
カラーベストの表面に塗料を塗ることでこれを防ぐことができるんです。
 
なお、カラーベストタイプの屋根にきれいにペンキが塗られていないとどのようにして雨漏りにつながっていくのか。と言う部分については、こちらで詳しくまとめられているので、気になる方は見てみてくださいね。
 
 
 

こんな状態の屋根は要注意!

 
もしもあなたが住んでいる住宅の屋根のカラーベストが以下のようになっていたら、それは注意が必要です。
 
  • 棟の板金が浮いている
  • カラーベストが浮いて隙間ができている
  • 通り雨の後にカラーベストの表面に雨染みが残っている
  • カラーベストにひび割れがある
 
このような状態に該当する場合は、すでに屋根の崩壊の初期段階が始まっています。
状況にもよりますが、ただ塗料を塗るだけでは水の被害を防ぐことができない状況になっている場合もあります。
そういった時は、ただ防水塗装をするだけでなく、水の侵入が考えられる部分をきちんと補修して水の侵入を防ぐ工事も必要となってきます
 
屋根はいちど崩壊が進むと大きなダメージにつながるまでが非常に早いと言われています。
 
既に壊れてしまっている部分は速やかに直し、そうした上できれいに塗装する必要があります。
 
 
 

屋根の専門業者に無料点検をしてもらおう

 
屋根業者の中には、無料見積もりだけでなく、すぐに工事の必要があるかどうかの点検をしてくれる業者もいます
 
(弊社では無料見積もりのご連絡の際には、実際に屋根に上りどれほどの被害状況なのかも無料で見させていただいています)
 
また、屋根の被害状況によっては、火災保険が申請できる場合もあります。
 
台風や突風などの自然現象によって壊れてしまった部分を自己負担なしで直すことができますので、どんな些細なご質問でも良いので、心当たりがある方は気軽にご連絡ください。
 
«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら