新着情報

あなたの家は大丈夫?シーリングの劣化が雨漏りの原因になる

雨漏りの対策は屋根の防水工事だけではありません。

住宅の外壁のボードのつなぎ目や窓枠のサッシの金具と壁とのつなぎ目などに使われているシーリングと言うのも、雨漏りの被害から住宅を守るためにとても重要となります。

この記事では、シーリングの劣化が雨漏りの原因になるについて解説していきます

 

シーリングって何?

シーリングは、先ほどお伝えしたように外壁のボードのつなぎ目や、窓枠と外壁のつなぎ目にあるぷにぷにしたゴムのようなものです。

 

なぜシーリングをするの?

シーリングの目的を簡単に説明すると、外壁のボードや窓枠などの住宅のつなぎ目から侵入する水(雨など)などを防ぐためです。

地震などで建物が揺れてしまった時、ガチガチに固まったものより、多少柔軟性があるものの方が壊れにくいことから、耐震性を高めるためにもシーリングが使われています。

つまり、シーリングは住宅の雨漏り、地震による被害を防ぐために使われている大切な建材なんです。

 

シーリングは通常約5年過ぎると劣化が始まる

住宅の防水工事も、行った後5年から10年するとメンテナンスが必要だと言われていますが、シーリングでも同じことが言えます。

それは、この段落のタイトルにもあるようにシーリングは5年も経つと劣化が始まってしまうからです

結局のところシーリングはゴムのようなものなので、天候の影響を受けて劣化が進んでしまうものなのです。

 

シーリングのメンテナンスをしないとどうなるの?

シーリングのメンテナンスをしないと、外壁ボードの隙間、窓枠の隙間などから雨水が侵入してしまうため、雨漏りにつながります。

シーリングがやせ細っていたり、まるで地割れを起こしているかのようにヒビが割れている状態になっているシーリングはメンテナンスが必要となります。

屋根の防水工事ももちろん水の被害を防ぐために大切なことですが側面の防水もしておかないと完璧に水の被害を防ぐことができません。

これを機に、ご自宅のシーリングの状態をいちど確認してみてはいかがでしょうか??

 

 

住宅の防水をもっと詳しく

«
»
  • ご相談・お見積りはお気軽に!
    ご相談や現地調査、お見積りは無料で対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

    TEL:098-876-5633
    営業時間 8:00~19:00 定休日:年中無休

    メールでのお問い合わせはこちら